+9999-9999999 example@gmail.com

セルフカットに失敗して美容室に駆け込んだ

自分で髪を切りました。髪が微妙に伸びてきてサイドが重く見えたからです。かといって美容室に行くほどでもないので、思い切って自分で切ってしまおうとトライしました。
これまでにも前髪は自分で切っていたし、家族の髪も切ってあげていたので、ちょっとくらいならどうにかなるだろうと思っていたからです。
でも現実は違いました。最初はうまくいっていたのですが、微妙に左右のバランスがおかしくなり、その調整のためにまた切るを繰り返し、想定していたよりもどんどん髪が短くなりました。
そして最後に大失敗を犯します。すきばさみと思っていたら、手にしていたのは普通のはさみの方で、レイヤーを入れるために切ったつもりが、ぱっつんと一瞬でたっぷり切れてしまったのです。
えっ!?と思った時は既に遅く、鏡に映っていたのは右側だけが異常に短い変てこりんな髪型でした。茫然自失状態です。
さすがにお直しできるレベルではなかったので、恥を忍んで翌日美容室に駆け込みました。しかも会社に嘘の連絡を入れて遅刻までしました。
美容師さんには、何をどうしたらこうなるの?と辛口の攻撃を受け、お直しするために髪が更にバッサリ切られて、気づけば想定外のショートカットにされていました。
私は顔が大きいので、ショートカットは極力避けている髪型だったのに、仕方ないとはいえショックでした。
美容室代を節約するためにセルフカットしたのに、全然節約にはなってないし、苦手なショートカットになってしまうしでWパンチです。
一応会社には美容室に行ったことになってますが、同僚には何でショートカットにしたの?ずいぶん大胆に切っちゃったね!と遠慮なく言われ、それが良い意味で言っていないのが分かるので、チクリと心が傷付きました。
家に戻ると家族からは、今注目を集めているあの人(松居一代さん)に似ていると揶揄される始末で、踏んだり蹴ったりです。
もう二度とセルフカットはしないと心に誓いました。

Scroll to Top