+9999-9999999 example@gmail.com

和装での結婚式の思い出

普段、街中を歩いている人の姿はみんな洋服姿。
着物姿の人ってあまり見かけないですよね。
たまに着物姿の人を見掛けると、「おお!」と思ってしまいます。
自分で着たのは結婚式の時です。
これは自分の結婚式でのことです。
洋装のドレス、和装の着物、どちらも選べる結婚式場でした。
ただ、お世話になった結婚式場は、もともと貸衣装を行っていた会社だそうで、どちらの衣装も豊富に揃っていました。
見ていると、ドレスも良いな、着物も良いなと思ってしまいます。
どうして着物を選んだのかというと、実はこれ旦那さんの希望でした。
旦那さんはウェディングドレスよりも着物で行う和装の結婚式に憧れがあったのだそうです。
男性希望って珍しいかもしれませんが、私はこだわりがなかったので、早く決まって良かったなと思っています。
選んでみて初めて知ったのですが、色打掛は赤や黒のイメージが強かったのですが、他にも緑や青など様々なカラーがあり、また模様も一様ではありませんでした。
試しに着てみたときに、自分に似合う色のものが分かりました。
ウェディングドレスの試着もテンションが上がるのでしょうが、着物の試着もすごくテンションが上がりました。
それに実際に着物で行ったみて、すごく良かったなと感じています。
白無垢と色打掛の両方を着たのですが、結構年配の参列者にとても好評でした。
ちなみにヘアスタイルは洋髪で行いました。
鬘という選択肢もありましたが、やっぱり重いし、いまいち自分が着用している姿がピンときませんでした。
そして、ウェディングドレスの時は、体をものすごく締め付けるのでしょうが、和装の場合、タオルでぐるぐると巻かれるので、ダイエットということもあまり考えないで当日を迎えました(笑)
冬の時期に行いましたが、お腹周りにたくさん巻いているので、結構暖かい状態でできました。
今、結婚式の写真を見ても、ドレスじゃなくて良かったなと思っています。
品というか厳かな雰囲気が出ているような気がします。
あまり着ない和服だからでしょうか。
男性もかっこよく見えました!
普段見慣れない恰好だからでしょうか。
でも、この経験から和装っていいなとすごく感じました。
よく読まれてるサイト⇒着物【中古】を高く買取ってもらうために

Scroll to Top